フォト
無料ブログはココログ

« 魚座さ~ん・・ & 安城地区チアっこ写真撮影 | トップページ | ママチアリーダー食事会!in豊山  殿下としのぶと・・ »

2013年6月14日 (金曜日)

高山博子⇒あんたの行動力には勝てんわっていう同期です(*^_^*)

元・早大チアリーダー、太宰府天満宮神職に

  • Tweet
  • 携帯に送る
  • ヘルプ
   
飛梅ちぎりの神事で、実を落とす高山さん

 太宰府天満宮(福岡県太宰府市)にこの春、16年ぶりの女性神職が誕生した。

 学生時代はチアリーダーとして活躍し、卒業後は外資系企業に勤務した経歴の持ち主。「目には見えない神様の存在を、背中で語れる神職になりたい」と、古式を重んじる世界に飛び込んだ。

 福岡市出身の高山博子さん(35)。福岡雙葉高から早稲田大政治経済学部に進み、応援部チアリーダーズに所属。神宮球場や国立競技場で、宙高く舞うトップを務めた。卒業後は、外資系のIT企業と生命保険会社に計11年間勤務した。学生時代から海外を巡り、訪れた国は30か国に及ぶ。

 母親の実家は代々、志賀海神社(福岡市東区志賀島)で宮司を務めている。およそ2000年の歴史があり、神功皇后が三韓征伐の際に島を訪れたと伝えられる。2009年11月に当時の宮司だった叔父が亡くなり、「2000年続いてきた神社を、次の2000年につなげるお手伝いができないか」と考えたという。

 昨年春から国学院大神道学専攻科に通い、伊勢神宮や明治神宮で実習を重ね、神職の階位である正階の資格を取得。叔父の死後、志賀海神社の宮司代務者を務めている太宰府天満宮の西高辻信良宮司に誘われ、天満宮に奉職した。

 当直勤務がないこと以外は男性神職と同じ。先輩と一緒に行っていた本殿での祈願も、今月から一人で任されるようになった。今月1日の

飛梅

(

とびうめ

)

ちぎり神事で対外的なデビューも果たした。ただ、毛筆だけはどうしても苦手で、参拝者の帳面にお宮の名前と日付を書く朱印は、今も先輩頼みだ。

 高山さんは「チアリーダーも神職も、誰かに元気になってもらうのが役割。利益を追求して仕事をこなすのではなく、心の底から使命感を持って臨める、好きなことに出会えて幸せ」と話している。
(大塚晴司)

(2013年6月11日07時16分  読売新聞)

« 魚座さ~ん・・ & 安城地区チアっこ写真撮影 | トップページ | ママチアリーダー食事会!in豊山  殿下としのぶと・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 魚座さ~ん・・ & 安城地区チアっこ写真撮影 | トップページ | ママチアリーダー食事会!in豊山  殿下としのぶと・・ »